白髪染め

外国人も白髪染めするのでしょうか?

一口に外国人といっても国籍や住んでいる地域によって好みのヘアカラーも異なります。

金髪ヘアの場合は加齢などにより白髪になってもさほど目立たないため気にせずに放置している方も多いようです。

ただ、日本人のような黒い髪や茶色の髪である外国人は白髪染めをするようです。
染め方もほぼ日本と一緒です。

ただし、海外製品は日本のものよりカラーバリエーションは豊富であっても強い薬剤であることが多いので日本人には向かないことが多いようです。

 

外国人は白髪が少ない!?

一説によると外国人は白髪が比較的少ないという意見もあります。

なぜかというと日本よりミネラルウォーターを摂取する人が多いからです。

体の組織や細胞の構成に置いてミネラルは必要な栄養素であり、しかも体内で自力では作れません。そのため、常に補給しないと白髪が増えてしまうわけです。

このミネラルを補給することによって白髪染めをしなくても自然と髪の毛が黒くなるのです。

食事とミネラル摂取によって白髪予防をすすめましょう。ミネラルウォーターの代わりに、ミネラルサプリメントを摂取することも一つの選択肢です。

こうすることによって自然と白髪がなくなり、黒い髪の毛が生えてくるというわけです。最近では外国でも徐々にオーガニック素材のヘアケア製品も出てきており、白髪染めをしなくていいというものを増えてきています。

こういったものを上手に活用して白髪を予防していくのがある意味理想的かもしれません。

私の場合は、どうしても気になってしまいますので、定期的に白髪染めを使っています。美容院で染める間にトリートメントタイプの白髪染めを使うことで、美容院へ行く頻度を落としています。

トリートメントタイプの白髪染めを使うようになってから、美容院代がかなり節約できるようになったので、すごく助かっています♪

白髪染めのペースはどのぐらい?

髪の毛へのダメージを考えると、白髪染めのペースは2か月に1回程度がベストだと思われます。

特に美容室で染めたり、市販のヘアカラーは刺激の強い薬剤を使っていることが多いため、頻繁に使うと地肌がピリピリしたり、かぶれたり、キューティクルが剥がれたりといろんな症状がでてきます。

しかし、髪の毛は1か月で1センチくらい伸びるものなので、特につむじや生え際周辺は白髪が目立ちやすい場所です。

外出時に一時的に隠すならマスカラや刷毛で塗る白髪隠しを使用して次のカラーリングに備えるのがいいでしょう。

トリートメントタイプの白髪染めは早いサイクルで

もしも自宅で刺激の少ないトリートメントタイプの白髪染めを使うなら、もう少し早いサイクルで染めることが可能です。

ただ、その際にも染めた後のアフターケアは必要です。保湿をしっかりすることによって染めた色が長持ちする利点もあります。この場合も間隔は2週間程度あけましょう。メーカーによっては最初は毎日使用して大丈夫ということもあるので、説明書を確認しましょう。

もしも地肌が痛くなったりするようであれば、使用を中止してください。

たとえ天然素材であっても体質によっては合わないこともあります。心配であれば皮膚科でアレルギーチェックを行うのもおすすめです。

美容室の場合も最近ではヘナなどオーガニック素材の白髪染めも増えているようです。染める際に担当者にどのくらいのペースで行うか話し合うのが大事といえます。